【津坂陽介・久保裕子 展】より、福鳥など

May 1, 2018

◆福鳥 各¥16,740-

.
鳴き声が聞こえてきそうな愛くるしいこの子たちは、

福鳥(ふくとり)と名付けられた津坂陽介さんの掌サイズの作品です。
.
全身がとても美しいレース模様で出来ております。
全て一点物。手前の子はお嫁に行きました♪
ほかにもお色違いございますよ。
.

 ◆ピチュ鳥 各¥21,600-

.

◆レースの蕎麦猪口 各¥7,560-(size:

.

繊細で緻密なレース模様もあれば、ゆるやかに可憐なレース模様まで、レースパターンはさまざま。

クリスタルガラスのなかで踊る白のレースがとてもきれいなグラスは、蕎麦猪口サイズ。

こちらでお素麺をいただく昼下がりを思い浮かべるだけで、ほんのり幸せな気分に。

皆様にもぜひお使いいただけますように♪

.

.

.

.

Next!【 津坂陽介・久保裕子 -日の出ガラス工芸社 展- 】

YOSUKE TSUSAKA・YUKO KUBO GLASS EXHIBITION

2018.4.27 (Fri)-5.15(Wed)10:00-18:30(最終日17:30迄)【木曜定休】.

.

【在廊日】 4/28(土)

※4/25・26 は展示替えの為、臨時休業いたします.

.

.

卓越した繊細優美なレース模様は、その美を誇示することなく微笑むように彩りを織り成す。瑞々しい水面の中の生き物たちは、温かな季節の訪れを喜ぶかのように伸びやかに泳いでいる。そんなお二人の作品に溢れる可愛らしさや心地よさは、作者自身の実直でありながらお茶目な一面が映し出されているからかもしれない。愛らしく鮮美透涼な今展をぜひお愉しみください。

.

The elegance of gently interwoven colors of lace glass is transcendent, yet never ostentatious. Beneath the surface of the water, little critters dance joyously, as if celebrating the arrival of the warm season. These are the endearing glass works of Yosuke Tsusaka and Yuko Kubo. Although steadfast in their craft, a mischievous side is also reflected in these pieces. We invite you to enjoy the lovely brilliance of this exhibition.

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload