【東敬恭展】秋色ガラスの花器やプレートなど

September 23, 2017

 

秋雨の初日、秋晴れの本日と、東敬恭さんに在廊頂いております。

.

東さんのガラス作品は独特な彩りの組み合わせで私たちを魅了します。

二年振りの今展には、とても沢山の素敵な器や花器をお作りいただきました。
.
心地よい秋晴れの季節、是非Sophoraまで足をお運びくださいませ。

 

.

右から

◆keshiki 長方 各¥27,000-※どちらもSoldout

◆keshiki M/ボウル 各¥16,200~¥17,280-(size:約Φ14×18h)

◆AWA PLATE 各¥7,560-(size:約Φ21×2.5h)

.

 

.

スクエア花器に、さり気なく草花一輪を。
水彩画のように溶け合う彩りの花器は、見た目以上にとても生け易く、

一輪でも花束でも気兼ねなくお愉しみいただけます。
.
お写真の作品以外にもその他沢山のお色味がございますよ。

 

.

 

.

奥から

◆keshiki ボトル ¥24,840-(size:約10×8×21h)

◆keshiki ボトル ¥21,600-(size:約10×7.5×18.5h)

◆keshiki プレート ¥15,120-(size:約Φ20×2h)

 

.

 

.

◆keshiki プレート 各¥15,120-(size:約Φ20×2h)

 

.

溶けあう彩りの美しさに心寄せられる東さんのイロガラス。

全て一点ものの彩りです。

見るだけでも、触れるだけでも、是非お気軽にお越しくださいね。

 

.

.
【東敬恭 展】
YUKIYASU AZUMA GLASS EXHIBITION
2017.9.22 (Fri)-10.10(Tue)
10:00-18:30(最終日17:30迄)【木曜定休】
.
【在廊日】 
9/22(金)午後~・23(土)・10/1(日)
.
.
今の時代を生きるものづくりとしてつくるべきもの、それはいったい何なのか…
無理に剽げたものでもなく、何時かの時代の何処かの写しでもない
. 
“頭ではなく手で考えながらつくる、素直に生まれ出るもの”
. 
そんな想いを抱きながら、巧みに彩りを形に変えてゆく東敬恭さん。季節を問わずに愛おしくなるガラスの世界を、是非お愉しみください。

.
As a creator in this era, what should one make?
Nothing forcibly absurd, yet not simply mimicking something of another time and place.
“Not thinking with your head, but with your hands, so that what is born from them is natural.”
Cradling such musings in his heart, Yukiyasu Azuma boldly bends color into shapes.
These works are lovely for any season. Please join us to explore this colorful world of glass.

.

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload