• 掛札 英敬

【八田亨 展】より、板皿など


.

和洋問わず幅広くお使いいただける板皿。 細かな貫入がはいった白地の多いタイプや、

薪窯の灰を厚く振り被った表情豊かな茶色いタイプ、

更にマットな質感の黒いタイプもあります。 . どれも人気であと僅かとなって参りました。 豆皿と組み合わせて使うと更に用途が広がりそうですよ。 (正方形のタイプもあります。)

. .

こちらがマットな質感の黒タイプ。 何かと重宝する26cmの長皿です。

.

.

.

さて、明日は本展の最終日! . 今展は17:30迄。営業は18:30迄。 皆様のお越しをお待ちしております♪

. .

【八田亨 展】 TORU HATTA CERAMIC EXHIBITION 2018.2.23 (Fri)-3.13(Wed) 10:00-18:30(最終日17:30迄)【木曜定休】 . 【在廊日】23(金)・24(土) . .

薪窯に向ける作者の眼差しは年々頼もしくなり、どことなく穏やかにも見える。それは、模索するばかりではなく、焼き物の面白さや難しさに対峙しながら、削ぎ落とす事を心地良く感じる時期に入ったからなのだろうか。二年前、八田さんに問うた「本当にしたい事はなにか」という答えが、此処に素直に聞こえてくる。昨今の作者の思いの丈を轆轤の旋律にのせ、本年最初の展覧会となる八田亨展を是非お愉しみください。

. .

The potter’s gaze upon his wood kiln has become precise with the passing of the years, and somehow gentler. Maybe, by maturing from a time of simply casting about, and truly facing the joy and difficulty of the ceramic medium, he is now embracing the pleasure of eliminating all that is unnecessary.Two years ago, I asked him “what is it that you truly wish to do?” The answer to this question has started to sincerely materialize here in this moment. The Toru Hatta of today pours his heart into the melody of the ceramic wheel. We warmly welcome you to enjoy his new works with us, at the first exhibition of this year at Sophora.

#八田亨 #陶芸 #陶器 #器 #花器

0回の閲覧

604-0931

京都市中京区二条通寺町東入ル榎木町77-1 延寿堂ビル1F

075-211-5552

enjyudo-gallery@sophora.jp

OPEN   10:00-18:30(展覧会最終日17:30迄)

OPEN   10:00-18:30(Last day of exhibition -17:30)

CLOSED   木曜定休・水曜不定休

CLOSED   Thursday +Wednesday, irregularly

    

※ 駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用下さい

© 2017 Sophora Enjudo Co.Ltd.  All rights reserved.