top of page

【 井倉幸太郎 展 】終了いたしました


あっという間に6月ですね。

【井倉幸太郎展】は、5月30日をもって好評のうちに終了いたしました。井倉さんの爽やかな青白磁と心地よい気候も相まって、国内外の皆々様にご好評いただきましたこと、心から感謝申し上げます。Web展をお愉しみ頂きました皆様も誠にありがとうございました。

.

作品数は少なくなりましたが、井倉幸太郎さんの新作は、引き続き常設にてご紹介しております。本展に間に合われなかった皆様、心残りのある皆様、続く展覧会と共に、充実した常設エリアにて、井倉さんの器をお愉しみくださいますように。

.

最後に、ご遠方などご来店困難な皆様にもお愉しみ頂けるようにと更新しておりましたWeb展は、今暫くは公開しております。宜しければ、ご覧くださいませ。尚、常設ページにても作品の閲覧が可能です。気になる作品がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。お返事は順次差し上げておりますが、少々混み合っております事をご理解の上、お問い合わせくださいませ。

.

常設Web展※国内・海外、通販対応可

.




.

.

. . 【 井倉幸太郎 展 】 KOUTARO IKURA CERAMIC EXHIBITION 2023.5.12(Fri)~5.30(Tue) 10:00-18:30(最終日17:30迄)木曜定休 . 井倉幸太郎さんが作る清閑な佇まいの作品の魅力は、透徹した青白磁の際立つ美しさにある。本展の新作には、素地に泥漿をかけて生まれた緩やかな曲線、そしてそこに寄り添う釉薬の表情に趣きも加わる。また、その釉薬が光を透過するように、素地に透かし彫りを施す技法「蛍手」を用いた、逸品の数々。そして、面取りを施した器や花器、煎茶碗や茶道具など、凛とした佇まいの新作を、爽やかな季節に是非お愉しみください。 . The appeal of Koutaro Ikura's serene works lies in the striking beauty of the translucent celadon porcelain. The new works in this exhibition have a gentle curve created by applying slurry to the base material, and the expression of the glaze that snuggles up to it adds a touch of flavor. In addition, there are many excellent works that use a technique called “firefly hand” to engrave openwork on the base so that the glaze can transmit light. And please enjoy the dignified appearance of new works such as chamfered vessels and vases, sencha bowls and tea ceremony utensils in the refreshing season.※終了いたしました .





Comentarios


bottom of page